テーマ:H/F古川モデル

命日

本日、3/29は成毛さんの命日です。 古川モデルで、成毛さんから譲って頂いたGuyatoneのGA-300FCXに直結して弾きますよ 人間には色んな出会いと別れがありますが、全ての出会いに感謝しながら弾きました
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

古川モデル試奏

かなりラフというか、超テキトーなんですが、こんな音ですよぉー!みたいな感じで撮ってみました~! とてもSSHなギターと思えない乾いたパキパキサウンド~!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

古川モデル完成っ!

ようやく自分のギターが完成しました まずはネックを取り付けて弦を張って、ナットを仕上げます。 塗装仕上げ前に仮組していたので、あとはあっさりと完了! ピックアップは「5150+」の4芯仕様でホワイトボビン!!! 苦労して完成させたGOTOH1055…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ラッカーフラットの弱点

jamさんのヘッド、その後ラッカーフラットを3発追加して暖房の効いた部屋の中で乾燥させてたんだけど、今朝確認したらロゴの一部がパッキーン!!とクラックがぁ~!!!! ラッカーフラットは自己平滑性が非常に高く、さらに硬度も高いので、その分、多分引っ張りが強いんじゃ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

むむむむ~??

ドラテレの鏡面仕上げした道具がそのままだったので、この際だ!と思って、古川モデルボディも一気にバフ掛けして仕上げちゃいました~! 仏壇かよっ!みたいな キャビディ内がコンパウンドのカスで汚れてますが、もちろんこの後お掃除しますよ~! ホントに水を張っ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

水研ぎ

大方の予想に反し、古川モデルの水研ぎまで完了ですよぉ~ 水研ぎする度にいろいろ試行錯誤をしてしまうんだけど、#600空研ぎは塗膜面の平滑を出す為で、ここでほぼ塗装面は決まってるので、その後の水研ぎはこの#600でついたペーパーサインを消す作業なのかなぁと感じてまして・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご無沙汰・・・

さて、ま~し~さんの神V、ナットの成形を完了させました~! ところでみなさんはこのギター覚えてますか? すっかり放置してしまってる古川モデル 最近、みなさんのギターを組んだり調整したりしてて、あ~!良いギターだなぁ~!とか羨ましいなぁ~!とか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【フランケン】ファン・ハーレンさん

ファン・ハーレンさんがどうしももう一度フランケンの製作過程をご覧になりたいということで、またまた作っちゃおうかなぁ~!!!! 完成したらファン・ハーレンさんに中古でお譲りするかもしれませんがー! ということで、続々と材料が揃ってきてます~。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

違和感

古川モデルの白ボビン5150+ピックアップがそろそろ出来そうという連絡をもらって、ぼちぼち仕上げにかかるかなぁ~と思って久々にネックを握ってみたら、なんとなくグリップのシェイプに違和感が・・・ その時の体調とか気分にも因るんだろうけど、違和感を一回でも感じてしまったらもう最後
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自然光

古川モデルのボディ、ラッカークリアを3発吹きました。 この季節、ラッカー:シンナーが100:120でも良いくらいですねぇ で、自然光のもとで撮影。実際の色は昨日の写真よりこっちに近いかなぁ~ 明日、湿度が低ければ追加3発吹いて乾燥期間に入ります~
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

最終着色~【古川モデル】

大方の予想通り、すっかり放置してた古川モデルのボディ、サンディングシーラーも十分乾燥したので#600で研磨して押さえのクリアを1発いれました で、オリンポス君を丸吹きにチェンジしてまずはクリアブルーでサンバースト 塗料の出具合を調整すれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヘッド完成!

ヘッド面の水ぶくれのリカバリーも出来たのでささっとバフ掛けしました~! 良い感じです~ これで古川モデルのネック塗装は完了! ボディが完成したらペグ取付しようかと思います~
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

水ぶくれ

古川モデルのヘッド面、クリアの乾燥状態も良さそうだったので、#600空研ぎ、#800~#1500で水研ぎしたんだけど・・・ 気を付けて水研ぎしてたんだけど、やっぱりやってしまいました・・・水ぶくれ 1弦ペグホールの左側、ほんのちょっとだけど水が木に入り込んで膨らんじゃった
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

導管

古川モデルのボディ、サンディングシーラーを研いでは吹き付け、研いでは吹き付け・・・ で、ようやく全てのピンホールが埋まりました やはり柾目の導管埋めは厳しいですねぇ~! 結局合計で10発分くらいを研いでは吹き付けして、昨日良い天気だったので最終の3発を吹きました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラッカーフラット

古川モデルのネックにラッカーフラット(全艶消)を吹き付けたんだけど、吹き付けるたびにほんの小さなダマみたいな粒が付着 ラッカーフラットは後で研磨する訳にいかないので、そのたびに軽く研磨して吹き付け直したんだけど、3回目で気付いた事が・・・ どうやら希釈済みのラッカーフラットを保管して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょっとだけ黄ばみ

古川モデルのネック、希釈したラッカーフラットにほ~んの少しだけ黄ばみ調色したワイプステインを混合して1発だけ吹きました。 今日は湿度が95%を超えてたので、1発だけで終了。この後、ウェットで吹き重ねると白濁必至なので 基本的にはメイプル色というか、白木の仕上げが好きなんだけど(Haru…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロゴ

古川モデルのネック、サンディングシーラー3発吹き付け後、10日ほど経過したので、#600で研磨してからロゴ貼り付けました~! 当初はFenderロゴにしようか迷ったんだけど、仕様がトラディショナルなストラトじゃないし、せっかくなのでH/F studioロゴにしました
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

アッセンブリー

古川モデルのピックアップ、フロントはDGモデル1号機に付けてたディマジオDP-403を使うんだけど、ピックアップカバーが黄ばんで汚くなってたのでカバーだけ新調しました ただ、ディマジオのPUカバーは側面の厚さが極端に薄く、普通のリプレイスメントカバーだと膨らんじゃってピックガードに納まらないので、カバーの内側…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

研磨続き・・・

シンヤくんのリッケンボディ、最終トップコートから2週間ちょい経過したので、まずは#600で空研ぎ研磨してみました~! ここんとこの研磨作業続きでサイド面とトップ面でとりあえず本日は終了 明日以降、裏面研磨して、水研ぎに入ります! さて、古川モデルだけど、今日は朝から梅雨らしからぬ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

サンディングシーラー研磨

古川モデルのボディは目止め後、サンディングシーラーを3発吹いてるので、とにかくそいつを全部落とすつもりで#600で研磨しました! 平らな部分がほとんど木地露出するくらいまで落としてみました。 サンディングシーラー3発なのに、深い導管も綺麗に埋まってます
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鳥目

鳥目ったって暗くなると見づらくなるアレじゃなくて サンディングシーラーを3発入れたらググっと浮き出てきましたよ~! 指版もエボニーだし、メイプルも目の詰まった良い材なので、サンディングシーラーは3発で十分そうです しばらく乾燥期間に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仕上げ工程

古川モデル、「仮組みまでやって満足したから、アイツ、またほったらかしにするぜ~」という大方の予想に反し、ちょこちょこと進めてます~ ネックの最終木地磨きをしてから、ラックニスを一発入れました。 ググっとバーズアイが浮き出てきましたよぉ~
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

仮組み

古川モデル、トレモロを乗せたり外したり、調整や墨出しの為にそんなことを度々やるんだけど、もの凄く慎重に作業してても、「あっ!!!」と思った瞬間、ブリッジが手から滑ってボディにゴツン!と落ちちゃう事があって・・・ そこそこ酷い打痕を付けちゃったので、濡らしたタオルとアイロンで木部を復活させました{%トホ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

テンプレ

古川モデルのピックガード、リアのハムバッキン位置を決めてみたので、まずは糸鋸盤でギリギリまでカット。 この工具も買って正解でした~ めちゃくちゃ便利~! トリマでトリミングしてピックガードは完成!・・・といっても回路やポットを決定してからミニスイッチの位置を決めます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

テンションスプリング

アームをねじ込む時に挿入するテンションスプリングを音家で買ってみたんだけど、こんな線径太くて、バネ定数大きかったっけ??? ペンチでどれくらいのやわらかさなのか確認しようと思ったら塑性変形 こりゃ使い物になりませんなぁ・・・ってことで、建築で使う防振材のポリウレタンを小さくカットして挿入してみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

OSG

古川モデル用の金ピカ1055用アームで、ネジ切り長さ等のテストをしてみました。 M5のダイスはOSG製。このダイスには径の微調整ネジが付いてるので、まずは目一杯締め込んで径を大きくしてから切り始めたら、ダイスガイド無しでもサクっと食い付いてくれて、ガシガシ切れました 2回目には微調整ネジも緩めてM5で一…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マットさんロボットギター完成!

昨日注文した部品が今日の昼過ぎに到着してしまうという便利さ 物流のありがたみってこういう時に実感しますねぇ~! ってことで、無事にポットの交換も完了しました~! ピックガードも取付完了です 最初は「透明なピックガード????」って思ったんですが、この…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ナンチャッテ道

GOTOH1055、なんちゃって6点支持計画! ってことで、ビス頭切断~! ベースプレートの接着部分だけリュータで目荒らし。 エポキシで接着して完成~! ここまでやると+頭のスタッドが作りたくなるんだけど、そこは「ナンチャッテ」だから良しとしましょう{%笑…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

装飾クロムめっき

ということで、GOTOHの1055ベースプレートとスタッドスクリューのクロムめっきが帰ってきました~! ものすんごい綺麗!!! ちなみにこのクロムめっきを頼んだのは埼玉にある「和光技研株式会社」さんというとこです! http://www.crom-me…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アームハウジングその2

アームハウジングボルト、完成しました~! これぞ、家内制手工業 結局、頭の厚みは2mmまで両頭グラインダーで落として、各面を取って、磨いて鏡面仕上げしました さらに円の大きさも11.5mmφまで落としたので、実際にベースプレートに取り付…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more