バフレックス

memioさんのTLM、トップコートを研磨します!

以前にも紹介したけど、コバックスのトレカットとバフレックス。
もうこれ無しでは考えられないくらい便利で早いです!
16170039069223.jpg

トレカットのオレンジで空研ぎ。
トレブロックという専用のパッドはちょっと硬すぎるので、スポンジゴムのパッドをトレカット2枚分の大きさに加工して使ってます。
大きさは57mm×36mmくらい。

空研ぎなので面が出たかどうか確認しやすく、目詰まりも早いけどブラシやスポンジ等で軽く擦るだけで復活します!
ボディなら片面で一度交換する程度で済みます。

面が出たらバフレックスで水研ぎ。
ズリズリ~っと直線で引っ張るだけでトレカットの研磨目が消せます。

で、バフ掛け~!

16173512762871.jpg
16173512247180.jpg

導電塗料塗ってから、アースワイヤをラグに落としました。
元々、アースワイヤが設置されてなくて、塗装前に穴開けはしておきました!
16173760891760.jpg

各パーツを戻して最終調整中です。
16174554991580.jpg

サドルのイモネジはいつものように8mmの短いステンレスに交換しておきました~。


4/6追記
調整も終わったので発送しました!
memioさん、この度はありがとうございました~!

アイボリー

memioさんのTLMボディ、サンディングシーラーを4+3=7発吹きまして~
16157976796700.jpg

乾燥したらこんな感じの肌になります。
16162292132550.jpg

で、400番で研磨して平面を出します。
16162292420281.jpg


いよいよアイボリーに着色するんだけど、なかなかムズい色ですよね~。
ってことで、剥がした塗膜のうち、ピックガード下の一番黄色味が残ってる部分に合わせました。
16163105258290.jpg

つまようじの先あたりに乗せた調色ラッカーを採用します!

で、3発吹いて色決め完了~!
16163943082400.jpg

導管埋め

memioさんのTLM、アルダーとかバスウッドかと思ってたらアッシュ???と思ったけど、どうやらセンのようです。

いずれにせよ導管を埋めないと先に進まないので、TIMBER MATEで埋めまして~!
16154326178281.jpg

600番で研磨出来たので、次はサンディングシーラーです。
16153604346240.jpg

【リペア】memioさんTLM

memioさんよりTLM-55のリフィニッシュ他を承りました~!

16149281612011.jpg

一度剥がしてオールニトロセルロースラッカーで再塗装です~。

まずは各ビスの埋め木と開け直し~
16149539885250.jpg

既存の塗膜を剥がしまして~
16151710164970.jpg

180番でまずは平面出しです~!
16151833428490.jpg

600番まで細かくして木地研磨完了です!周囲の面取りはこの後3.2mmRのボーズ面ビットで仕上げます。
16152761966080.jpg

ワイヤーベンダーNo.2

以前図面付きで自作のワイヤーベンダーを紹介したけど、今回はもっと簡単な改良版!

まずはAmazonで600mmのボルトクリッパー買いまして~
まぁ結果的には400mmのやつでもイケそうですが、600mmでも3,500円くらい。

で、連結部のナットを外して(多分ネジロック系が使われてそうで、そこそこ硬い)、刃の部分を外します。
16149094932970.jpg

ボルトは全部M10。
外したボルトに5.5mm高さのスペーサをかませて、ナットを締め付けるだけです。
良いサイズのスペーサがモノタロウさんにあったのと、クリッパーに最初から付いてるナットは全体の大きさが小さいやつなので、ズレ止めには使えそうになかったので、3種の薄いM10ナットも用意しました。
16150294453760.jpg

クリッパーの普通の状態だと、ボルト位置の関係でどうしても90度近くまで曲げられそうにないので、柄の片方を逆にしてから、ボルトにスペーサかましてナットで締めます。
16150295361821.jpg

ヒンジ部のボルトナットは元のやつにスペーサかませると、動かす度に緩んでしまったので在庫してた適当なM10ボルトとダブルナットで固定してみました。
が、その後、元のボルトのネジ部にエポキシ接着剤をちょっとだけ塗布してナット締めしたら大丈夫でした~!
16150303139022.jpg

ステンレス5mmΦの丸棒ならいとも簡単に曲げられます~!
16150303717763.jpg

自作ステンレスアーム

なっくんのストラト、Volノブが背の高いメタルノブなのでアームが干渉してしまいます。
シンクロのアームは原則、最後までねじ込んで使わないと折れやすいので、途中で止めて高さを調整するのはやめたほうがいいです。
だったら、脚の長いアームを作るしかないので、久々にステンレスアーム作ります。
プランプランなアームが好きな場合はせめて1回転緩めくらいにしといたほうが良いと思います。

国産のシンクロはほとんどM5なので、ステンレス#304の5mmΦ丸棒でいけます。
300円/mくらいなので、4m購入。

今まではグラインダーをグラインダースタンドにセットして切ってたんだけど、焦げるし火花は出るし切り口は汚い・・・
ってことで、以前から気になってた超安物チップソー購入してみました~!
16147432315540.jpg

これが8Kほどで買えるんだから凄い世の中です(笑)。

まずは225mm(最終的に200mmにカットしますが、ドライバドリルで咥えるのでその分長く)にカット。
16147565799010.jpg

で、ドライバドリルで咥えてから両頭グラインダーに回しながら当てて面取りします。
ダイスでネジ加工するので角度浅めで大きく面取りします。

M5ダイスで15mm長さのネジを切るんだけど、以前紹介した「ダイスガイド加工」すれば芯ズレするのを極力抑えられますが、そのダイスガイド加工もそこそこ面倒くさいし、精度が求められる・・・。
かといっていきなりダイス回すと、ほぼ100%芯ズレします。

そこで、ダイスを固定して、ドライバドリルで咥えた丸棒を上から押さえながらゆっくり回すと、あっという間に切れます!!
しかも芯もバッチリ!ダイスの面に対して垂直に丸棒を立てる訳だけど、200mmも長さがあるので目分量で立てても全く問題なく芯が出ます。
16147604435601.jpg

ドライバドリルで咥えた部分は傷だらけになるので、その部分をカットして最終長さの200mmにそろえます。
16147783650163.jpg

以前紹介したワイヤーベンダーで、狙った位置と角度で曲げます!
16147868635371.jpg

キャップを接着したら完成~!
16147868006500.jpg

これなら目一杯アームダウンしてもノブには干渉しないです~!
16147876203522.jpg

なっくんストラト完成~

なっくんのストラト、フレットをバフ掛け!
16142634241810.jpg

ヘッド面のクリア、乾燥も良い感じになったので仕上げました~!
16144298654780.jpg

あ、ナットも加工して取付完了ですね~。

ペグはH.A.P.Mなのでポスト高さを自由に設定できます!
なっくん好みの円盤型のテンショナーはそのままだとちょっと角度が付きすぎるので、ナットひとつかまして取付けました。
16144970761781.jpg

写真は撮り忘れたけど、サドルのイモネジは全部8mmのステンレス製に交換してあります~。

近々、ついでの時にでもお立ち寄りを~!

なっくんのストラト、Warmothからネックが到着しました~!
16136295238391.jpg
16136295019560.jpg

Vintage Tint Satinの仕上済ネックです。

メイプル自体はかなりのバリトラなんだけど、やはりサテン仕上だとはっきり浮き出る感じがいまいちですが、実物はかなり良い感じです~。

トップ面だけオーバーラッカーでグロス仕上にするので、まずはデカール。
16137198188820.jpg

クリアを4発~デカール段差研磨~クリア3発吹きました。
クリア乗せると、角度によってはこんな感じです~。
16139650459541.jpg

フレットに乗ったラッカーを剥ぎ取ります!
16139707096700.jpg

後はヘッド面のクリアの硬化待ちです~

Axis完了~!

primeburstさんのAxis、ネックグリップ部のクリアを研磨してから艶消しラッカーフラットで仕上げました!
16130488897131.jpg

いわゆるサテン仕上ってやつですが、使ってるうちに艶が出てきてしまうので、そんな時は台所で使ってるメラミンスポンジで軽く擦ると良い感じに艶消し具合に戻ります~!

硬化後、塗装の継ぎ目処理、フレット端に残った塗膜除去も完了です。
16131164617290.jpg

ボディバックのラッカー硬化も良い感じだったので水研ぎ!
16133100533041.jpg

ボディトップ面もピック等によるスクラッチが多いのでまとめて研磨しました。
16133100315770.jpg

で、いつものバフ掛け~!
16134584447242.jpg
16134581504121.jpg

primeburstさん、この度はいろいろとありがとうございました~!
明日発送出来ます~。

黒ずみ

primeburstさんのAxisネックのグリップ部はオイルフィニッシュなんだけど、どうしても黒ずみが染みついちゃうんですよねぇ~。
まぁそれが良い事もあるけど、今回はちょっと小奇麗にして今後も黒ずまないように・・・ということで、グリップ部をがっつり研磨してから艶消しクリアで仕上げようと思います。

・・・と、研磨前の写真撮り忘れました(笑)。

ボディバックとネックはトップコートを重ねてる最中です~!

16118847605970.jpg

にこジジさんレッドスペシャルコンヴァージョン完了~!

にこジジさんのレスぺ、ようやくペグボタンも到着したので入れ替えました。
他の調整も全部完了しました~!!!

16116271185731.jpg
16116270844180.jpg

やっぱりこの見た目がカッコいいですね~!
にこジジさん、大変長らくお待たせしました!
いろいろとありがとうございました~!

【リペア】primeburstさんAxis

primeburstさんよりAxisのリペア承りました~!
16114961005051.jpg

バック面の打痕修正の為、バック面のみリフィニッシュします。
ネックはグリップ部の黒ずみを研磨してラッカーフラットで仕上げます~

バック面の打痕はエポキシパテで埋めようと思ったけど、研磨してみたらフェザーエッジも出せたので、研磨と足付けでオーバーラッカーします。
16114995452622.jpg

マスキング、脱脂してから黒を吹きました~!
16115565019643.jpg

気温の高い日を狙ってクリア重ねます!

okuDさんのSTS、STM完了~

okuDさんのSTSネックは暖房の効いた部屋で寝かせていたのでラッカーの硬化が問題なく進みました~。
で、フレットに乗った塗膜はそのままにして、まずは指板の研磨とバフ掛け。
その後、指板面をマスキングで保護してからフレットに乗った塗膜を落として、フレットバフ掛け。

STMのすり合わせ、研磨後のフレットも一緒にバフ掛け~!

16114091538650.jpg

STMのフレットざらざら感はありません~!

2本とも、ネック、オクターブ等、基本調整全部終わりました!
okuDさん、この度はありがとうございました!!

STM

okuDさんより、追加でSTMのすり合わせ、ノイズ処理を承りました~!
16112166399610.jpg

これもかなり状態の良いSTMですねぇ~。

キャビティにドータイト塗りました。
16112186396251.jpg

ピックガード裏のアルミ箔と配線の整理~
16112208945432.jpg

フレットはすり合わせ~バフ掛け前までの最終研磨まで完了してます~。
16113337034400.jpg

okuDさんからは、ステンレスフレットに交換したけど、ザラザラ感がある・・・
という事だったので、ハズキルーペ(笑)ですり合わせ前に確認したところ、フレットに対して直行する方向の研磨傷(多分最初に頭を揃える為のサンディング)が消えてませんでした。
今回もいつものようにツルツルに仕上げてあるので、多分ザラザラ感は無くなると思います~。

STSのピックガードを戻すためにキャビティ内にラグ使ってアースに落としてます~。
16110180256510.jpg

バフ掛け

okuDさんSTS、ピックガード裏にシールドアルミ箔貼って、パーツを乗せて回路を整理しました~!
16107747079920.jpg

ピックガードのPUビス穴はしっかりと皿取りされてたので、ビスも半丸皿を使います。
バルクで50本入りのやつが単価安くて良いです(約37円/本)。
インチビスは通販のビス屋さんでも結構高価なので・・・
16107747568091.jpg

ボディはokuDさんご自身で研磨されたようだけど、艶が出るまでは出来なかったということで改めてバフ掛けしました~!
16109593203250.jpg
16109750596440.jpg

新品以上に鏡面かも(笑)。



なっくんのWarmothネックはまだ到着してないけど、こちらも回路を整理しておきます。
16107840539030.jpg
センターPUのブレンダーの回路だけど、ブレンダーのポットが250KΩだったので、この後、在庫してた500KΩのポットに交換しておきました。

ボディのビス穴を埋め木や開け直しで整理して、足りない部分はビス穴用の木を接着。
16107883179281.jpg

あとはネックの到着を待つばかりです~
16107970170460.jpg

冬の晴れ間

okuDさんのSTSネック、指板面にほんのり着色したウッドシーラー1発と、クリア4発を2日に分けて吹きました。
16106110875261.jpg

この時期の塗装は気温みながらやらないといけないので、なかなか厳しいけど、なんとか2日続けて気温も上がってくれたので助かりました~。
このまましばらく放置します!

到着!

にこジジさんのレスぺ、RSconversionsからようやく部品が到着しました~!
16100850807460.jpg

1ヵ月もかかった(笑)。クリスマスシーズンとコロナ禍が重なったのと、やはりUSPS(笑)。


ローラーブリッジが乗るサブピックガードの位置を、ボディセンターと1弦のオクターブで決めます。
そこが決まれば全体のピックガードの位置が決まって、スイッチプレートの位置もフィックス出来ます。

PU位置の違い部分をザグって、リアはPUビス部が埋め木の境目なので丸棒を埋めます。
16102855249290.jpg

これで全部の位置が決まったので、導電塗料です~!
16103332898760.jpg

そして特徴的なトレモロも設置完了!
フタにはズレ止めの突起も溶着。
16102882001501.jpg

配線はターミナルラグで~
16103562862660.jpg

弦を張って各部の調整に入りました!
16104160653710.jpg

と、もう完成目前なのに、RSconversionsさんが白のペグボタンを入れ忘れるという・・・(笑)。
今回は前回ほど時間はかからないと思うけど、到着待ちですねぇ~。

で、軽く音を出してみたところ、例の大きなザグりの影響は・・・う~む、ワシには解りませんでした(笑)。



okuDさんのSTSはフレット処理~仕上、ナットの粗整形、指板面の研磨まで完了してます!今週は天気の良い日もありそうなのでトップコート吹けそうです~
16101131024820.jpg
16101858973261.jpg

【リペア】okuDさんSTS

okuDさんより状態の良いSTSのフレット交換他を承りました~!
16099227740900.jpg

フレットをミディアムジャンボに、その他、PUの交換等をやります!

まずは全バラししてからフレット抜きました。
ちょっと大きな欠けがあるので、ここはエポキシパテで埋めてみます。
16099322112682.jpg
16099321870211.jpg

指板面は軽く研磨してオーバーラッカーしようと思ってたけど、アルミチャンネル+ペーパーで軽く指板のセンターを撫でてみたら、深い打痕や波打ちもあるようで・・・
16099426940653.jpg

結局、指板面は木地まで研磨して平面を出してからフレット打ちました~!
16100271388630.jpg

タングの隙間をエポキシ+砥の粉で埋めてあるので、硬化してからエッジの処理やすり合わせに入ります!