リターダーシンナー

STココアさんSTMのネック、サンディングシーラーを研磨してからクリアを吹付中です。
15939355668411.jpg
15939354394410.jpg

梅雨なので晴れ間をみながら湿度の低い時間だけ吹きつけます。
念のためリターダーシンナー混ぜて、速乾とカブりを防止するんだけど、そのおかげでラッカークリアの希釈が100%の高濃度でも塗膜面が平滑に馴染んでくれるので、最終研磨が楽になりますね~!

ネックポケットに仕込まれたティルトで仕込み角を付けられてたので、いつものメイプル突板シムを貼って研磨してあります!
15935198046831.jpg

ナット溝

STココアさんSTMのネック、ナット溝を切る時、弦を張って調弦した状態で切らないと正確な深さは決定出来ない訳だけど、あまり浅い溝でナットの整形しちゃうと、弦を張って調整した時にかなり深い溝になってしまい、弦を張ったのにまた外してナットの整形をやらないといけなくなって・・・
ここ最近では釣り糸のPEラインを指で引っ張った状態でナットと2Fにあててから1F上でのクリアランスを見ていたんだけど、この作業もなかなか面倒くさい訳でして・・・

そこで編み出した治具。

15933313858240.jpg

PET板1.5mm厚を細く切って、PEラインを弓のように張っただけ。
これをナットと2Fにあてがえば、1F上のクリアランスはもう一方の手で簡単に確認できます!


フレット端の処理、指板サイドの処理、全体の研磨も完了したので、着色ウッドシーラー吹いてからサンディングシーラーを重ねてます!
15934336556510.jpg

ナット整形

STココアさんのSTMネック、スカンクラインにTIMBER MATEのローズ色で埋めました。
それと、昨日埋めたエポキシウッドパテも硬化してたので研磨しました~!
15932678733700.jpg

タング端の溝もエポキシウッドパテで埋めて、ナットも整形して接着!
15932471432300.jpg

ちなみにナットの粗整形に、先日作った超小型卓上ディスクサンダー使ってみました~!
排気処理も完璧でした!!

【リペア】STココアさんSTM-60

STココアさんより、STM-60のリフレット(ネックヘッド面以外リフィニッシュ)を承りました!
15931423310681.jpg

3シングルなのでSTM-55かと思ったらネック裏の刻印はSTM-60Mだったのと、ピックガードがオリジナルの物ではないので60を3シングルにされたSTMのようです。
ボディもリフィニッシュされてますね~。

まずはフレット、ナットを抜いて塗装剥離から~
15931450526343.jpg

指板面はアルミチャンネルで直線を出して、250Rで粗研磨まで完了!
15931612596030.jpg

グリップ部に深い傷があります。
15931424523302.jpg

塗装剥がして粗研磨してみたらかなり傷が深いので、傷の底をペーパーで整えてからエポキシウッドパテで埋めました。
15931612775641.jpg

スプリングハンガー(GOTOHさんにお願い(笑))

友達の凄腕ギタリストのはっしんが、スプリングハンガーに長年疑問を持ってたということで。

EZcYgVYVAAAbwyj.jpg

これ、シャーラーでこんな製品があるんですねぇ~!!
なかなか合理的で良いと思いました!
というか、通常のハンガーってどうも信用出来ないというか・・・(笑)

ただもうちょっとスッキリした感じで、世界のGOTOHさんなら作れるんだろうなぁ~!と思う訳でして・・・

大事な事なのでもう一度書きますと。

GOTOHさんならもっとカッコいいやつが作れるはず!

だと思うんですよねぇ~

作ってくれないかなー!世界のGOTOHさんで!!!

卓上(超)小型ディスクサンダーその2

艶消しラッカーフラット吹きつけて、底面にはゴム足を付けました。
15909100174911.jpg

スイッチや配線も完了です!
15909113889412.jpg

鉛直精度も完璧~
15909127305298.jpg

ディスク面はマジックテープ仕様にしてたけど、厚み分の精度が出ないのでニトムズの片面弱粘着の両面テープに普通のサンドペーパーを張り付ける仕様にしました!
15909120100294.jpg

これで完成~!!!
15909126790507.jpg
15909125813255.jpg

ちょいとテストしてみましょう~!


強制排気システムは開口径が小さすぎて改善の余地ありですが、ブラスナットでもこれさえあれば楽勝かもです!


で、強制排気の開口径を大きくしようと部屋の中を探してたら、掃除機の口にぴったり合うものを見つけました!!!!
15909219015020.jpg

これ、養命酒に付属してるカップをカットして接着しました(笑)
これで掃除機接続してやってみたら全く研磨粉が表に出ませんでした!大成功!!!


シナランバーコア等のカットはテーブルソーとかがあれば正確に直角も出せるしそれほど難易度は高くないんだけど、工具を持ってないのでなかなか敷居が高いです。
ホームセンターの加工場借りてやるのも良いけど、ネットでも加工して販売してくれるのでありがたいです!
いつも京都にある「木工素材の材木屋ざいいち」さんでこの手のカットはやってもらってます~!
http://www.zaiichi.com/

卓上(超)小型ディスクサンダーその1

以前、小型ボール盤のモーターを交換した時、外したモーターの使い道を色々考えてたんですが、手のひらに乗るくらいの小さいディスクサンダーがあったら、ナットの整形とか、小物の研磨に便利だろうなぁ~!と思って図面書いてみました!

15895385431290.jpg

モーターはYDKのミシン用モーターでYM-61Rってやつです。最後の「R」は回転方向の違いで、ワシの持ってたやつは時計回りなので通常のディスクサンダーとは逆回転になります。
普通は円盤の左側で作業するけど、今回は右側ですね~。


で、部品をいろいろと調達!
15896249895262.jpg

シナランバーコアの12tで作成します。
15907162515271.jpg

モーターを受けるのはアルミのコ型チャンネル。
15900404866430.jpg

ディスクをどうするか色々考えてたんだけど、そういえばボール盤でも使ったアルミプーリーの65φが使えるかも~!
ということで、アルミプーリーに3㎜厚のMDFをスーパーXで貼り付けてみました!



なかなか良い精度で回ってくれてます!

で、ディスクサンダー用のペーパーを貼り付ける為にマジックテープを貼ってみました。
15896885626080.jpg

貼り付け用のペーパーはコンパスカッターでカット!
15896908030891.jpg

シナランバーコアを加工しまして~
15907372449533.jpg

強制排気も当然やりたかったので、サンワサプライのデスク掃除用のノズルで必要の無いパイプをカットして埋め込みます。
これで掃除機と接続OK!
15907355760642.jpg

組立ていきます~!
15907625917971.jpg

当然、メンテとかの為にフタや作業台は取り外しが出来ないとだめなので、M4のオニメナットを仕込みます!
15908332673690.jpg

作業台とディスク面の90度確保の為に、モーターのお尻部分に角材を微調整して取り付けました。
この角材は後壁をビス止めするオニメナットを埋め込む下地にもなります。
この写真ではかなり奥まで突っ込んでますが、実際は手前の後壁の厚さ分だけ中に入れました。
15907617157720.jpg

表面をサンディングで仕上げてからまずはオイルステイン。
15908353603371.jpg

仮組みしてみて良さそうなので、この上から艶消しラッカーフラットで仕上げようと思います!
15908421461552.jpg

ソボロよしひろさんのSG完成~!

ソボロよしひろさんのSG、水研ぎ~バフ掛け完了です~!

15900504867151.jpg
15900505214252.jpg

キャビティに導電塗料、ピックガード、裏蓋にアルミ箔も完了~!
15900708600812.jpg
15900664394230.jpg
15900664649641.jpg

配線も完了です!

15901328338420.jpg

ソボロよしひろさん、大変長らくお待たせしました~!ようやく完成です!ありがとうございました~!!

ピックガード

ピックガードのビス穴をボディに開ける時、ピックガードをボディに乗せて千枚通しで目分量でビス穴センターを出すんだけど、その後、ドリルで下穴開ける時点でそこそこズレることも多いんですよね~

で、真鍮の丸棒(8mmΦ)があったので、先端を加工してセンターに2mmΦの貫通穴を開けてみました。
15885986978152.jpg
15885987399073.jpg

これをピックガードの穴にあてがいながらボディにそのまま穴あけすれば簡単にセンターに下穴が開けられます~!

8mmΦで24mm長の真鍮のド真ん中に2mmΦの貫通穴開けるのはなかなか難易度高いですが、旋盤なくても工夫しだいでなんとかなるもんです~!!!

ペルハム・ブルー

ソボロよしひろさんのSG、サフェーサーを研磨していよいよ着色です!

15884216578740.jpg
15884217149421.jpg

ギブソンのペルハム・ブルーはもっと真っ青なメタリックなんだけど、それが15年くらい経ってトップコートが若干黄変して、やや緑っぽくなった感じを、シルバーペースト+ブルー染料+グリーン染料で表現してます~!
写真だと色合いがうまく出なくて残念!実物はめちゃ渋です!

現在、トップコート重ねてる最中です~。

【組込み】かつさんストラト

いつもお世話になってるかつさんより、ストラトの組込み承りました~!
15880738230351.jpg

ネックポケットの幅がやや狭いので拡張~!
15881367834243.jpg

導電塗料ぬりまして~!
15881367447282.jpg

スプリングハンガーからのアース線はラグに落として、最後に回路と接続します!
15881439527801.jpg

PU等をピックガードに!PUのアースをまとめてポットにはんだ付けすると交換するとき不便なのでこんな感じにしてます~!
15881433006670.jpg

で、ボディに乗せてみたらピックアップのビスがキャビティに当たってしまうのでちょいと加工しました!
15881469983502.jpg

弦を張って調整して完了~!
15881538868380.jpg

かつさん、この度もありがとうございました!!

最終形態

ソボロよしひろさんのSG、あれこれと修正して最終形態が出来ました~
15879056290282.jpg
15879056024951.jpg
15879055720880.jpg
15879056856833.jpg
15879058960695.jpg
15879057120364.jpg

エポキシウッドパテの痩せも無し!
ラッカーサフェーサーも数発でマホの導管が埋まるし、研磨性も抜群なので、ソリッドカラーの下地にはベストかも・・・

しばらく乾燥させて、最終研磨してから着色にはいります!

ラッカーサフェーサー

ソボロよしひろさんのSG、ペルハムブルーという色にするので、目止めした後ウッドシーラーを吹いたら、サンディングシーラーじゃなくラッカーサフェーサー(白)で下塗りしていきます!

15869348263731.jpg
15869347148060.jpg
サフェーサーの色が白なので整形した角の面取り具合の微妙~な不揃いが解りやすくなるので、そこを修正して重ね吹きしていきます~!

ミリポスト

ソボロよしひろさんSGのヘッド面は若干黄ばんだ感じを出すために、足付け研磨してから黄ばみクリア吹きました~
15866887138720.jpg

バイブローラの取付位置を正確に中心に移動した下穴を開けたり~
15866895145561.jpg

ブリッジのアンカーを全ネジのポストに交換してラウンドサムナットを取付けます!
M4ポストを入れるのでインチ穴のサムナットをM4にタップしてから、蝶ナットで締め付けてねじ込みます。
ポストレンチとかいう専用の道具もあるけどバカ高いし、蝶ナットで十分事足ります!
15867807111440.jpg

ただ、ブリッジがGibsonならインチポスト(約3.5φ)で良いんだけど、GOTOHのブリッジとか使いたい時に5φの穴に対して3.5φだとガタガタ過ぎてちょっとアレなんで、M4にしておくほうが何かと便利だと個人的には思います。

整形

ソボロよしひろさんのSG、盛ったパテを均すんだけど、ボディの平面出しと一緒にやらないと稜線のラインが書けないので、いつものアルミチャンネルにペーパー貼ってゴシゴシ!
15856306518212.jpg

意外と平面が出てないんですよね~!

裏面のカッタウェイは現状の形をほぼ残して・・・ということになったのでナイフで削り落とします~
15856217436160.jpg

表面はこんな感じで稜線のラインを引き直ししましょうかねぇ~!
15856342532233.jpg

裏面は若干パテの盛りが足らなかったので、パテを足します~!
15856343016125.jpg

表面の同じ部分の様子・・・こうなればOKですね~!
15856342723604.jpg

盛り付け

ソボロよりひろさんのSG、ラインテープで稜線の確認したり、その後、マジックで線を引いて整形する形状を決めていきます!
15854503082560.jpg
15854055650312.jpg

で、削る部分は良いんだけど、足りない部分があって・・・
最初はマホガニー片を接着して・・・とか考えたんだけど、経年変化でどうしても継ぎ目が浮いてきちゃうので、パテみたいなもので何か良い物がないかなぁ~と考えてた。
で、malcyさんのフレット交換でエポキシのウッドパテを使ってみたら痩せもないし良いんじゃないか~?ってことで、足らない部分に盛ってます!
15855371361620.jpg

以前、木片に塗り付けたやつ、3日もすればカッチカチでカッターやペーパーで削ったりするのも良好!
15855468692520.jpg

【リペア】ソボロよしひろさんSG

以前、バイブローラー取付させてもらった、ソボロよしひろさんのSGが帰ってきました~!
15852908619530.jpg

今回はオールリフィニッシュです!

・・・ただひとつ、独特な要望がありまして・・・

さて、この画像、左は今回のSG。右がご希望の色・・・
そして、色だけじゃなく、カッタウェイのホーン部分の形状が微妙に違う・・・
面取り部分の稜線の形状が、左は円に近くて、右は楕円に近い。
この楕円の形状がお好みだそうで、今回はここの形状修正もやります!
IMG_6962.jpg

まずは丸裸にしまして~
15852929405271.jpg

で、塗装剥がし!
15852955138182.jpg
15852977839923.jpg

ネック部はバインディングやトラスロッドとかがあるのでヒートガンを長くはあてられないのでじっくり剥がしていきます~!

【リペア】hammerさんストラト

hammerさんより、ビルローレンスのストラトのリペアを承りました!
15850170351420.jpg

80年代な感じが良いですね~!

で、hammerさんはサドルが高いのが気になるそうで、ワシなんかは逆に高くないと気になるし、わざとネックに仕込み角を設けてでもサドルは高くしたいんだけど、こればっかりは人それぞれ好みがあるので、hammerさんの好みに合わせて改造してみたいと思います~!
現状はこんな感じ。
15850442818561.jpg

で、ネックポケットを22Fツバ部とPGのクリアランス分だけ下げてみます。
15851032530060.jpg

最終研磨も含めて約1.5mm下げました~!

でネックを再セットしようとビス締めてみたら一か所ヤバい穴があったのでメイプルで埋めて開け直し~
15850591332022.jpg
15850608300783.jpg

ポケット底を最終研磨したら22Fツバ出し部とPGがほぼゼロになってしまったので、ツバの裏側の塗装を落とす感じで軽く研磨したら、コピー用紙2枚分がスっと入る程度はクリアランス確保できました!
15851036338241.jpg

これでサドルはこんな感じ!
15851105617132.jpg

4弦ペグのスプリングワッシャーが割れて動きがガサガサしていたので割れたワッシャーは外しておきました。以前よりは引っかかりがないと思います~!
オクターブ、ネックの反り等、調整も終わりました!

hammerさん、この度はありがとうございました~!!