テーマ:フランケン第2段!

指板

完成写真も撮ったし、もうやることなーいっ!と思ったら大間違い mixiとかで写真をアップしたところ、やはりみなさん、指板が綺麗すぎるってのが気になるようで、確かに綺麗すぎるし、このまま使い続けてもXOTIC OILの塗膜があるのでそうそうは汚れない・・・。 ってことで、一回全部OILの塗膜を剥…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

完成写真

無反射黒背景紙をバックに撮影してみましょうかねぇ でも携帯のカメラなので、いくら解像度を上げてもやっぱりそれなりというか、オレンジっぽく写っちゃいますね ホントはもっと「血」の色に近いです
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

さらに追い込み

「たかが3mm、されど3mm」 人生において、「3mm」という寸法は小さくもあり、時として大きな存在となる・・・なーんてな ギターで3mmというのはかなり大きな寸法で、演奏性にも大きく影響するのです。 今回、ネックの位置決めの時もかなり追い込んだつもりだったんだけど、やっぱり安全側に…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

完成!

仕事柄、電波シールドも専門なんだけど、東京の会社に居た頃、よく導電塗料の売り込み営業が来てた。 「をいをい、塗料!? 冗談ヤメてやっ!」くらいにしか思ってなかった シールドって言えば銅箔のジョイントを全て半田付けして・・・みたいな。 で、数年前、試しに導電塗料ってのを買ってみて、レスポのキャ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ボディ仕上げ他

指の怪我のおかげで、釣りにも行けず(といっても雨だから行けないんだけど)。 で、ボディの仕上げをしました。 トップコートのクリアも良い感じになったので、耐水ペーパーの#800、#1500と磨いて、最後にメッシュの#3000で水研ぎ。 さらにいつも使ってるホルツの液体コンパウンドと、ドリルに付けるバフで磨…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庇完了!

タイトボンドを1日乾燥させたので、指板Rに合わせて、コマを削って面位置に成形して、21フレットを打ち込みました。 完璧やぁ~! ボディ側から見ても庇とボディの隙間は0.5mmくらい。 流石に木目までは合わせられなかったけど、意識しなければ全然解らな~い{%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やりまっせっ!

やるときゃやったるでぇ~!のおっちゃんです 指のズキズキ痛みもほぼ無くなったので、その原因となったメイプルのコマを成敗いたすっ! まずはネック側。 21フレットを抜いて、溝のエンド側で段差をつけてトリミング! トリマを使うので、ここまで完璧な治具を作って一気にブ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネックエンド

今朝も病院行ってきました 綺麗に縫ってくれてたようで、包帯を取られて恐る恐る患部を見てみたら、腫れもなく傷口が綺麗な曲線でさらに縫合糸が整然と並んでいてなかなか芸術的でした で、軽く消毒されて、ゲンタシンを無造作に塗られてバンドエイド貼られました{%ト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やってもた!^^;

ちょっとした小物を削ろうと、ノミで削ってたら、その小物がコロッと転んでノミの刃先が左手中指にグサっ! ドバ~っと出血したので、こりゃマズいと思って病院行ってきました すぐに局所麻酔して処置してくれたんだけど、血を見るのが怖いのでず~っと天井だけ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ネック調整

1号機でネックエンドに仕込み角を施して、その時ボディエンド際で段差を付けて削ってたんだけど、今回2号機ではネックのジョイント位置が変わるので、その段差をノミで落として、さらにランダムサンダーと#600のサンドペーパーで仕上げました。 さらにビス穴を5φのドリルで空け直して、5φのラミン丸棒で埋めました。 この後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚し

キャビティ内の汚し作業をやってみました。 水性エナメルの茶色を水で希釈して、エアブラシでサーっと吹いてみました。リアピックアップの6弦側は一度エアブラシで吹いてから、さらっと茶色を削って白を出し、さらにその上から薄~く茶色を被せてみました。 その上から、コレ、吹き付けます。 1本持っておくと数年使い切れない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

痩せる

痩せるといっても身体ではなく、塗膜です かなり良い感じで塗膜が硬化していて、さらに細か~い木目のヤセも出てきました。塗膜の中に含まれていた溶剤成分がどんどん揮発して、塗膜が締まっていってる感じです。 爪チェックでもほとんど問題ないレベルになってきたんだけど、ここは我慢!やはり最低でも1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんちゃって道

昨日埋めた木工パテの頭を削って平らにして、白を塗りました。 まぁ乾燥期間中はこんなことくらいしかやることがないもんで 近所のホームセンターに無かったモノをネットで注文してたんだけど、それが今日届きました。 その名も「頑固自在」。 要するに塩ビ被覆された針金ってことで、線…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

乾燥中

都合トップコートを7回吹き付けして、ただ今乾燥中です それにしてもアスペンラッカーは使いやすい・・・というか、300円ちょい(ネット通販だと)なのに、非常に品質が良い! 昨日7回目を吹き付け終わったばかりなのに、今日、すでに良い感じで硬化してる・・・もちろん水研ぎするにはまだ甘いけど、普通、トップコート…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黄ばみとトップコート

エアブラシで黄ばみ塗装をかなり慎重に で、無事にトップコート4回吹き付けました。見事な黄ばみの再現が出来ました 今回はがっつりクリア吹いて、しっかり水研ぎして仕上げたい(フランケンにあるまじき)ので、明日、さらに3回ほどクリアを重…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

正しい模様付け

つーことで、再度、正しい模様付け。 あんまり写真だと代わり映えしないなぁ 模様付けが終わった後、クリア塗装の為の足付けと、赤段差修正の為に#1000の耐水ペーパーで全体を水研ぎするんだけど白部分に赤の塗装が付いちゃって、白がピンクになっちゃうのよね なので…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

再度、赤く塗れっ!

あれ?今日は晴れ予報だったのに雨が??? といってももう赤スプレー温めちゃったし ってことで、赤スプレーしました。 本来、赤の下が黒の部分なのに、赤が剥げて「白」が出てる部分がけっこう実機に見受けられるので、赤を吹く前に白を軽~く裏表面だけ吹いて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

赤用テープ巻き

さくさくっと、巻いてみました。 ホントにこの「曲がるマスキングテープ」はイイ! 6mmと13mmっていうのがあるので、ほぼジャストサイズで巻けるのもありがたいですねぇ~。 それと、マスキングゾル。こういう場所に威力を発揮します。フランケニスト(?)にしか解らない部分かも{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度目のなんやら

つーことで、2号機、2回目の白黒フランケンです。 1号機から考えるとかれこれ3回目の白黒 まぁそのたびに少しづつ精度が上がってるというのは、ビバっ!ってことで さらに、赤吹き付けの後処理(正しい模様付け)が楽になるようにどんどん横着な白黒フランケンになってきてま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

再度黒く塗れ!!!

「天高く、塗装作業はかどる秋」! ってことで、サンディングシーラーを#400でサンディングと足付け完了したので、黒を2回吹き付けました。 今回、サンディングシーラーはほとんど研ぎ出し気味に削って、木目の導管以外は木肌が出るくらいにしてみました。 で、黒を最初はちょっとドライ気味に吹き付けて、2回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日酔い

やるときゃやるでー!のおっちゃんです ランダムサンダーのおかげで、あっという間に木地まで落とせたので、#400で磨いてさっさとウレタンサンディングシーラー塗りました。 夜中に閉じこもって塗ったので、今朝も若干二日酔いで頭が痛い サンディングする時に、最初に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

人生楽ありゃ苦もあるさ(笑)

OMG!!! はい、やってしまいました・・・最後の最後、トップコートを吹き付けるのに、今回は和信のボトル入りのクリアラッカーを使いたくて、アサヒペンの電動ペイントスプレイヤーってヤツを購入して試したんだけど・・・・。 いやはや、最初調子良かったと思ったら、突然、チョロリ~んって飛沫と共に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

正しい模様

傷・・・もとい、「正しい模様」を付けてみました。 今回は上層の塗膜を剥がして下層の塗膜を表すという作業を極力少なくなるように段取りしたので、あっという間(でもないけど)に正しい模様がつきました。 う~良い感じ! ついでに黄ばみのクリアイエロー調色も吹き付けました。 ちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤塗り

2回目ともなると無問題~! と思っていたけど、やっぱりムズいテープ巻き 今回はとにかく最終形を考えて、出来るだけ塗膜を削る作業を少なくしようと思い、例のマスキングゾル大活躍でここまで「正しい模様」が出来た状態で赤塗りです。 それと、1号機ではちょっと赤の塗膜が厚す…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白塗りと剥がし

白を2回吹き付けて、1時間ほど乾燥させてテープを剥がしました。 あまりカリカリに乾燥させすぎると、テープ剥がしの時にエッジが欠けたりするので、完全に乾燥する前に剥がします。 ただ、例の秘密兵器の剥がれ具合がいまいち・・・といっても黒の塗膜とは完全に分離出来てるようで、ゾルは残るけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新兵器

さて、白黒フランケンの基本線はマスキングテープで貼ったんだけど、レリックする時に出来るだけ「上の塗装を剥がして下の塗装面を出す」という作業をしたくない(というか、非常に難しい)ので、最終形の赤白黒フランケンの状態を考えながら白黒フランケンを作っちゃおうという事で、テープ以外の微妙な部分を新兵器(?)を使って挑戦です。 それがコ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まきまき

まずは白黒のテーピング完了。 2回目なのと、今回は実機写真をじっくり眺めながらの作業なので1号機よりは正確なトレースが出来ました この後、出来るだけレリック作業を楽にするための、とある秘密兵器(?)で、さらにマスキングを加えていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒く塗れ!

下地のサンディングシーラー研磨も終わっていたので、アスペンラッカーの黒で2回吹き付けました。 サンディングシーラーがウレタンなせいか、2回で十分 ちょっと心配だった導管も綺麗に埋まってました。 う~む、この写真じゃよくわからん しば…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more