アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「【リペア】マモちゃんストラト」のブログ記事

みんなの「【リペア】マモちゃんストラト」ブログ


マモちゃんストラト完了〜!

2016/09/19 01:19
マモちゃんストラトのペグ(GOTOHのクルーソンタイプマグナムロック)がぼちぼち到着しそうだったので、現状のペグを外してみたところ・・・

画像


なんと11mmφの穴が・・・
標準的な10mmφならコンバージョンブッシュで対応出来るかなーって思ってたので、これは誤算でした
まぁ開いちゃってるもんは仕方ないので、迷う事なく埋めて開け直しましょう〜!

画像

画像


裏のビス穴を見ると、過去、最低でも3回はペグ交換されてるようです。
ビス穴も全部埋めました。


で、クルーソンタイプのブッシュにピッタリな8.6mmφのドリルで正確に穴開け!

画像


元の11mmφの穴は通りもいまいちだし、ピッチもズレてるので、もしかしたら過去のペグ交換時に11mmφに拡張したのかなぁ?


コントロールキャビティと、舟形ジャック部にドータイト塗って、ラグ落とし。

画像


PU(フロントとリア)をYJM Furyに交換〜!

画像


サドルのイモネジも、8mmに交換したので手が痛くならないです。

画像



ペグが到着したので、サクっと装着!

画像


ナット溝、ネック反り、その他、全ての調整を完了させました。

トレモロを調整してると、いまひとつ動きがスムースじゃないのは、ピックガードとベースプレートがこれまた干渉してたので、スクレイパーで軽くピックガードを削って完了!

画像


このトレモロはウィルキンソンなんだけど、アームの差込口がほぼ垂直(GOTOHもこのパターンが多いですね)なので、Fender系のアームを使うと、アームの先がピックガードに近すぎたり、ボリュームノブに当たっちゃったりして使い物になりません。

市販のアームではなかなか良い角度のやつが無いので、ステンレス丸棒でアーム作成します!

ワイヤーベンダーで曲げた丸棒にダイスガイドを作ってから5mmダイスでネジ切り。

画像

画像


ネジ部分が18mmくらいあるので、最後まで偏芯せずに切るのはなかなか至難の業です

上がステンレスアーム、下がFenderのアーム。

画像


これでストレスなくアーミング出来ます!!!

ってことで、このストラトでLOUD PARK、頑張ってください〜!
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


LOUD PARK16

2016/09/15 15:46
10月8〜9のLOUD PARK16のオープニングアクト(9日)で、Fury of Fearというバンドが出ます。

このバンドのギタリストのマモちゃんは友達で、ベースのあゆむさんはマモちゃんの兄ちゃん

お二人のギターを色々とリペアさせてもらった事もあり、今回、LOUD PARKに向けて、マモちゃんのギターとあゆむさんのベースを調整していきます〜!

画像


マモちゃんのストラトはほんとはネックのリシェイプ希望なんだけど、ちょっと時間的に間に合わないので、今回はPUとペグ交換、全体調整(いつもの事ながら現状がメチャクチャなので)をやります。


まずはあゆむさんのベース、レフティを入手されたので、ナットを交換して1〜4弦を逆にします。

コントロールキャビティのノイズ処理がなかったのでまずは導電塗料〜

画像


あと、ジャズベの伝統(?)なのか、アース線が無く、コントロールプレート=アースという回路なので、念のため錫メッキ線でアース渡し。

・・・と、ここまでやってもやはり所詮シングルコイル ノイズは致し方なしですな。


ナットを外しました。

画像


無漂白牛骨ナットを整形して完了!

画像


ストラップピンも左右入れ替えて、完成です!

あゆむさん、本日発送しますので、LOUD PARKで弾き倒したってください〜!!!




BobさんのSTM、赤のほうのネックはウッドシーラー+染料〜サンディングシーラーまで完了です

画像
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


マモちゃんストラト完了!

2015/10/04 00:46
マモちゃんストラト、ペグを交換するため、穴を10φのドリルで拡張してペグを取り付けます!

画像


ストリングガイドは筒型に交換!

画像



ネックのビス穴も開けまして〜

画像



で、ネックとボディの隙間はこんな感じで

画像


メイプル突板3枚ラミネートして研磨で厚さ調整

画像



どうにかこうにか圧着!

画像



際を研磨して仕上げ!

画像


で、隙間無し!

画像



配線は・・・

画像

画像

画像


かろうじて半田がついてるか付いてないか・・・とか、断線寸前な部分も多く、あまりに危険なので、全部やり直しました

画像



ナットも最終調整しましてぇ〜

画像



サドルのイモネジが錆びで固着してたのを全部引っ剥がします。

画像


ステンレスイモネジに交換〜!

画像



ってことで、全部のリペアが完了しました!

各部の調整も終わったので、いつもの試奏。
昔コピーした「ハズ」のYngwieに挑戦してますが、やはり無理です

マモちゃん、明日発送しますよ〜!

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


【リペア】マモちゃんストラト

2015/10/01 17:58
若いけどバリバリと速弾きを弾きこなし、「Fury of Fear」というバンドで活動してる友達、マモちゃんのストラトをお預かり〜!

画像


フレット交換をメインにいろいろとイジっていきます!


まず、ネックポケットのサイドの6弦側に1mmくらいの隙間があって、ここをなんとかしたい・・・と。
実際は、ここが完全にネックと密着してようがしていまいが、音にはそれほど影響しません。それよりも、ネックが衝撃によってガコっ!っと動く事のほうが問題で、マモちゃんもライブでそれが気になるという事で・・・。

メイプル突板を積層させて厚さを調整し、ネックポケットサイドに張り付けようと思うんだけど、その前にネックジョイントビスのビス穴がかなりバカになっていたので、まずは埋め木!

画像


ペグも交換するので、現状のビス穴を埋め木。

画像



マモちゃん自身でスキャロップにしたネックのフレットを抜いていきます〜

画像


マモちゃんは弦高よりもビリつきを気にしてるようで、1弦12フレットで2.5mmもありました クラギ並み!
ビリつきはアンプ通して聞こえるようなやつはマズいけど、エレキでは基本的にビリつきます。特定の弦や特定のフレットだけがビリついたり、音詰まりするのはダメだけど、ちゃんと調整されたギターならどの弦でもどのフレットでも同じようにビリつきます。

この弦高でよくあんなシュレッド系のフレーズが弾けるなぁ〜!!と感心してしまいました

ただ、低けりゃいいってもんでもないので、その辺はマモちゃんの好みも考えて調整してみます!


指板は180R。これを250Rのサンディングブロックを使って、210〜230R近辺を狙って研磨しました。この程度なら違和感なく弾けると思います。

画像



フレット打ち終えてフレット端をカットしたら、フレット端の空隙をエポキシ+指板研磨粉で充填〜!
エポキシ使う時はマスキングテープをテーブルに貼ると使い捨て出来て便利ですよ〜

画像



摺合せもすすめます!

画像


摺合せが完了したらフレット頭丸めと、フレット端処理して、#400〜#2000まで研磨完了!

画像



バフマシンで一気にバフ掛け!

画像



アームの効き具合が悪いので、いつものネック仕込み角の為にメイプル突板3枚貼り付け!
一番厚い部分で0.6mm。

画像


これをペーパー+アテ木で研磨して段差を完全になくします。

画像


これで完全にポケット底面と密着しますね
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「【リペア】マモちゃんストラト」ブログ

H/F STUDIO 【リペア】マモちゃんストラトのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる