アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
H/F STUDIO
ブログ紹介
私の演奏等Youtubeチャンネルはこちら
本家Homepage(プロフィール等)はこちら

試奏動画一覧はこちら

お問い合わせはhiropy@mtf.biglobe.ne.jp
zoom RSS

山岡さん、シェクター完了〜

2017/06/23 14:51
山岡さんのシェクター、フレット摺合せ完了しました


いつものように頭揃えと、ロッドの効かない17フレット以降を傾斜に摺合せ。
画像



頭の面取り、エッジ処理、研磨も完了〜!

画像


ナットの形状、溝修正、トレモロ調整他、全ての調整完了です!

画像



山岡さん、明後日、例の場所に持参しますね〜!ありがとうございました〜!
12フレット以降で音詰まりするということだったので、試奏ではその辺も確認しました

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


もろもろ

2017/06/12 23:07
色々たまっております

道重一筋さんの白黒フランケン、さらに拘りを再現する為に再塗装、及びネックの新調をします!

画像



山岡さんからは、シェクターのフレット摺合せを承っております!

画像




TERUさんより、ピックガード作成を承ってます!

お送り頂いたピックガードにパネル材を両面テープで貼りつけて〜

画像


糸のこ盤でだいたいのサイズにカットします。

画像


端材は両面テープで貼り付け、面取りビットの深さ確認で使います。

で、トリマでトリミングしまして〜

画像


ビス穴開け、面取り等を終わらせたら、同梱いただいたパーツを取り付けて配線作業も完了〜!

画像


もちろんワッシャ、ナットで挟む部分の保護フィルムは剥がしてます〜

画像


TERUさん、明日発送いたします!
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


マットさんのドラテレ完成〜

2017/05/27 10:33
マットさんのドラゴンテレキャスター、完成しました!


当初、全リフィニッシュの予定だったのでボディ裏側にH/F Studioのロゴを貼りましょうという事だったんだけど、トップ面のみに変更したので、ヘッド裏に貼ってみました

画像


オーバーコート無しなので爪等でひっかくと剥がれますが、それほど触る部分ではないので大丈夫だと思います〜


リアPUをクォーターパウンダーに交換!アース線をブリッジプレートに落としました!

画像


さらにブリッジプレートからキャビティのラグに落とす為のアースワイヤを仕込んでぇ〜

画像


こうやってT字型にしてビスと弦通し穴の間にセットするとブリッジプレートのネック側が浮かないです!

さらにトップロードの穴アケ、その他全ての作業が完了です

画像

画像

画像

画像



なかなか良い感じっす!

マットさん、今回もいろいろとありがとうございました!

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


家内制手工業

2017/05/05 23:05
ドラテレピックガード、塩ビ板2mm厚を加工して完成〜!

画像



で、先日のデータ微調整して、レーザープリンタでOHPフィルムに印刷。そのままでは何が印刷されてるか解らないので、コピー用紙を下敷きに撮影。

画像


アルミ箔の上に置くとこんな感じです。

画像


で、アルミ箔〜OHP〜透明ピックガードと重ねると〜

画像

画像


角度や光の加減で絶妙に表情が変わって、良い感じです〜

トップコート乾燥中のボディに乗せてみた。

画像


なんといっても、何回作っても同じクオリティのものが簡単に出来るってとこが良いんじゃないかと〜!
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


ドラテレピックガード

2017/05/01 22:56
マットさんのドラテレ、トップコート乾燥期間なので、ネックポケットを修正する事にしました。

ネックポケット信者ではありませんが、やはりちゃんと木と木が密着する面積は大きく取りたいですわな〜

ウレタン塗料がコッテリと乗ってます

画像

画像


厚い部分で1.5mmくらいあります

研磨して木地を出してフラットにしました〜

画像



さて、ドラテレのピックガードだけど、今回もエアブラシでアルミ箔に模様を吹き付けようと思ったんだけど、それだとワンオフというか、毎回同じ物は作れない訳で・・・

で、いろいろ考える。

かなり前から構想はあったけどなかなか着手しなかった方法を試みました。

まずは正しい模様を濃淡付けてペイントショップで作図

画像


この図柄をOHPフィルムに印刷して、アルミ箔〜OHP〜透明ピックガードという順番で重ねてみました。

画像


良いんじゃないでしょうか〜!
OHPフィルムがインクジェット用でいまいちトナーのノリが悪かったんだけど、本番では濃淡の微調整後、レーザープリンタ用のOHPに印刷します!
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


マスキングシート

2017/04/25 11:38
マットさんのドラテレ、まずはマスキングシートを貼り付けます。トップ面以外はマスキングテープ等で処理。
図柄PDFをトレペに印刷してからカーボン紙で転写します。

画像


デザインカッターでまずは赤部分の切抜き〜

画像


赤吹き付けまして〜

画像


マスキングシートを剥がすと!

画像


良い感じっす

図柄の際が盛り上がるので、600番で軽くサンディングしたら今度は緑。

画像

画像


オレンジと青も同じように追加していきます〜

画像



サンディングシーラーを4発吹いてから研磨して塗装の段差をなくしました!

画像


トップコートを6発吹いて、しばらく乾燥です!

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


【ドラテレ】マットさん

2017/04/11 12:00
いつもお世話になってるマットさんより、ドラゴンテレキャスターの塗装を承りました〜!通算6本目のドラゴンテレキャスター塗装になります〜

画像


ボディの黄ばみ具合が絶妙なのと、ボディの損傷がそれほどないのでオーバーラッカーで攻めたいと思います!

まず、パーツ類を外してると、ポットに乗った半田等がてんこ盛りで酷かったのでお掃除!

画像


綺麗になりました

ボディトップ面の小さな打痕や小傷を修復する為にStewMacの補修液をたらしまして〜

画像


硬化したらカミソリで盛り上がった頭を粗取り!

画像


400番で足付け兼ねてフラットにしました!

画像


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


【組込】LEEさんストラト

2017/04/11 11:53
LEEさんから随分前に2セットのボディ+ネックをお預かりしてたんだけど、仕様等の検討、ワシの本業仕事の関係からいろいろと時間がかかり過ぎて、なかなか着手出来なかったやつ、まずはストラトに着手したいと思います!

各パーツ揃いました!

画像


トレモロはGOTOHの10.5!

何はともあれ無漂白牛骨ナットを取り付けましょう〜

画像


ペグブッシュ穴がタイトじゃなく、ブッシュが抜ける可能性があるので、瞬間接着剤で少しだけ太らせました。

画像


フレットをチェックしたらかなり凸凹があって許容範囲外だったので摺合せの段取り!

画像


で、ネックを真っ直ぐにしようとロッドを回そうと思ったら全く回らず・・・
しかも正転、逆転とも、5度くらいは動く・・・が、それ以上回そうとするとミシミシという音が・・・
おそらく、ナットとロッドが固着してて、ロッド自体がネックの中で回ってるんじゃないかと・・・

こうなるともうお手上げなのでこの後どうするか相談中〜!

もうワンセットお預かりしてるネック(Warmoth)と合わせてみると、ピックガードとヘッドが妙にマッチングしてて良さそうなんだけど・・・

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【組込み】SYさんストラト

2017/03/23 17:32
SYさんより、USACGのボディ、ネック、パーツをお送りいただき、組み込みをします!

画像


ペグがスパーゼルなので、ポッチの穴アケをする為に簡単な治具を作ってみました〜

画像


ペグ孔に挿入すれば穴開け位置が簡単に出せます。ペグセンターラインだけ出せばOK!

画像


ナットはローラーナットなんだけど、USACGは隙間がタイトらしく・・・

画像


タイトというよりは明らかに狭い
といっても広いと収集付かないけど狭ければ研磨すればぴったりに出来ますね

画像



トレモロユニットは510なんだけど、アンカーの穴もかなり小さいので叩き込むとボディ割れます

画像


9.8φのドリルで拡張してから打込みます。510の場合はM6のボルトをセットしてから打込むと良いですね〜!

画像


トレモロはベタ付け希望なので、アンカー穴を面取りしてボディ面よりやや沈めます。

画像


アームダウンするとアームハウジングがボディと干渉します。

画像


干渉する部分を削りました〜

画像


これでどこも干渉せず、稼働範囲が最大限までOKです

画像


PUはボディ直付なんだけど、キャビティ汚ねぇ〜 あれこれと掃除しましたがこれが限界かなー

画像

画像


ネックポケットの端に乗ったウレタン塗料もガッチガチに盛り上がってたので研磨してツライチにしました。

画像


スプリングハンガーも取り付け完了〜

画像


切り替えスイッチはFenderのスーパースイッチなんだけど、スイッチの一部がボディと干渉するので、ノミで加工〜!

画像


ラグも挟んで固定完了!

画像


PU直付けのビスは2.0φならPUのネジ山をつぶさずに使えます。シリコンチューブを介して固定します〜

画像


配線は1Vol仕様なので楽勝〜!と思ったんだけど、スーパースイッチを使っての特殊配線だったので計算外に大変だったけど、一発で予定通りの動作したので一安心

画像


あとはいつものようにサドルのイモネジを8mmのステンレスに交換しました!

画像



ネックの反り、オクターブ、その他全ての調整も完了し、ネックも落ち着いてますので明日発送いたします!

SYさん、今回はいろいろとありがとうございました!長らくお待たせしちゃって申し訳ありませんでした〜!

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【リペア】BigskyさんSTM

2017/03/12 23:09
Bigskyさんより、STM(75DMと55のニコイチ)のリペアを承りました〜
大変長らくお待たせしました

画像


トレモロのナイフエッジがダメになっており、GOTOHのナロースペースNS-510Tに交換します!

まずはスタッドアンカーを抜きまして〜

画像


元の穴を10Φに拡張して10Φの木で埋めてから510の位置に合わせて開け直し。さらに軽く近似色に調色したラッカーでタッチアップして510のアンカーを打ち込みました〜

画像


ネック仕込み角を設けたいということで、いつものメイプル突板シム3枚、合計で0.6mmのシムを作ります。

いつもはガラス定盤とアクリル板5oにキッチンペーパーを挟んでクランプして接着します。

画像


ネックポケットの形状に合わせてカットして貼り付け。さらに木ブロックにサンドペーパーを貼り付けて段差がなくなるように研磨します。

画像


この後、ビス穴を開けて完成!


ナットは無漂白牛骨に交換されてます。

溝の深さがバラバラなのと、1弦をベンドすると溝の中で弦が動いてピキピキ鳴るので、1弦の溝はマル秘工法によっていったん埋めてから溝を切り直しました

さらに形状も修正して完了〜!

画像


弦を張って調整します!

画像


スプリングは「男の2本掛け」で!

画像


STMのバックパネルは落とし込み加工がされていて、510のイナーシャブロック(正確にはスプリング)がパネルと干渉するので、こんな加工してみました。

画像


私はパネルを付けない派なんだけど、付ける場合はこんな事も必要なんですね〜


さらに落とし込み過ぎてる部分のビス穴に、ワッシャを接着して、クリアランスを確保してみます。

画像


なんとかギリギリかわす事が出来ました〜!

画像


あとは、オクターブ、弦高(1弦12Fで1.2mm程度)、ネックの反り等、全て調整完了です!

Bigskyさん、大変長らくお待たせしちゃって申し訳ありませんでした〜!いろいろとありがとうございました!

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


【リペア】Tさんコンパクトギター

2017/03/06 00:04
いつもお世話になってるTさんより、なんとも可愛らしいコンパクトギターのリペア(全体調整)を承りました〜!

画像


ショートスケールなちっこいストラトですね〜

で、お嬢さんが弾くということを伺ってたので、何はともあれ危険な部分は除去しておきましょう。
1Pピックガードがトリミングしっ放しで、角が危険なので、軽くスクレイパーで面取り。

画像


サドルから飛び出してるイモネジも怪我の元ですからこれもステンレスの短いやつに交換!

画像


フレットの処理等、そこそこ丁寧に仕上げてあるんだけど、さすがにナットが・・・

画像


ショートスケールなので、最初は010〜046で調整しようと思ったんだけど、そこそこテンションがきつく、漢のギターになりそうだったので、090〜042でやりなおしました。
ナットも良い感じで整形〜溝切!

画像


トレモロを調整してたんだけど、どうしても中立が保てず、ありとあらゆる事を実践してみたんだけど・・・

で、まさかと思い、ビスを抜いてベースプレートを確認してみたら・・・

画像


ナイフエッジになってなーーーいっ!

しかもドライバドリルで面取りしましたか?みたいな

ま、これは致し方なしということで、アームダウンだけはなんとか普通に出来るようにして、アップして戻したら盛大にチューニングが狂います そういうギターという事で割り切るしかないですね〜。

という訳で、ネックの反り、オクターブ他、全て完了〜!

Tさん、今回も面白いギター、調整させていただきありがとうございました!

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


【リペア】山本さんフェルナンデス リミテッドエディション

2017/02/23 00:06
山本さんより、フェルナンデス、リミテッドエディションのリペアを承りました〜!

画像


なんとも80'Sな雰囲気ありますね〜


で、各部をチェックしたら、予想通りストラップピンがゆるゆるだったので埋め木してガッチリさせました。

画像


トレモロはGOTOHが付いてるんだけど、スタッドがFRT(?)それともタケウチ(?)という感じで、これをGOTOHのスタッドアンカーに交換します。

画像


アンカーを抜いてみると接着剤が・・・

画像


11φで穴あけしなおして、GOTOHのアンカーを打ち込みました!

画像


スプリングハンガーもGOTOHに交換するんだけど、現状のハンガーと穴の間隔が違うので、これも埋め木して開け直し!

画像

画像


そして一番ヤバかったのはフレット・・・

どうやらリフレットされてるようなんだけど、タングが指板から0.5mmくらいはみ出していて、スライドするだけで血だらけになりそうだったので、ツライチまで研磨してから、フレットエッジも軽く面取りしました。

画像


・・・タングが折れ曲がってる どうやったらこんな打ち込みが出来るんだろう・・・

ネックの反り、オクターブ、その他の調整も全部終わらせました!

山本さん、この度はいろいろとありがとうございました!かなり遅れてしまい申し訳ありませんでした〜!

記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


jamさんムスタング完了〜!

2017/02/14 23:36
jamさんのムスタング、ネックポケットにプラスチックのシムが入ってたんだけど、その厚みが0.8mmだったので、メイプル突板0.2×4枚でシムを作りました!

画像


ヘッドも完成〜!

画像


ヘッド面以外はラッカーフラットによる艶消し仕上げです

画像


各部の調整も完了〜!

画像

画像



jamさん、今回もいろいろとありがとうございました〜!明日発送します

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


ニコチョキ爆弾!

2017/01/31 23:31
来週一週間(もしくはそれ以上)、東京出張になりそうなので、出来るだけ作業を進めます〜!


jamさんムスタング、ネックのサンディングシーラーを研磨して、まずはヘッドだけマッチングさせました。

で、jamさんといえば「ニコチョキ爆弾!」
もうこれしかないでしょ!

シルバーでデカール作ってヘッドに貼り付けました〜

画像


ラッカークリアをドライ1発、ウェット3発吹きまして〜

画像


デカールの段差をなくす為、600番とアテ木で研磨!

画像


もっとも緊張する作業ですね ちょっとでも削りすぎるとデカールまで研磨しちゃう

なんとか段差もなくなったので、この後、ラッカークリアを3〜4発重ねます!
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


【リペア】jamさんムスタング

2017/01/26 23:19
jam兄さんからムスタング(シェクター)のネック交換を承りました〜

画像


元々、ミディアムスケールネックだったので、Warmothショートスケールネックに交換します!

まずは無漂白牛骨ナットを取り付けまして〜

画像


同梱いただいた弦に合わせて粗整形まで完了!

画像


フレットエッジと指板サイドスキャロップも処理しまして〜

画像


ネックシェイプはイクラちゃんと同じEVH非対称なんだけど、Warmothのはちょっと厚めなので、1Fで20mm、12Fで22mmまでリシェイプしました。

画像


ダイナミックなトレモロアームの固定具合を調整するイモネジを、レンチ無しでも操作できるように、M5キャップスクリューにしたいということで、4.0φドリルで穴を広げてからM5タップしました。

画像



ミディアムスケールをショートスケールに変更するので、ネックポケットを拡張します。

まずはMDF板にネックエンドの形状をコピー!

画像


このテンプレを5mmボディエンド側にずらしてネックポケットをトリミング!

画像


ピックガードを固定して、こちらも拡張。1弦側ビスがヤバいかなー!?と思ったけどギリギリOKでした

画像


パーツを移植してからネックを取り付けて弦を張って調整しました。

画像


サドルを交換された時、弦高合わせの為と思われる0.8mmのシムが入ってたんだけど、材質がプラスチックで、もしかしたらクリアファイルを切り取った??みたいな感じでした
最終調整でメイプル突板シムに交換します〜


今回のローズウッドは目が詰まっていてかなり当たりなんだけど、塗装前にはやはり指板サイドとヘッド部分だけはTIMBER MATEで目止めしておきましょう〜!
これ、やっておかないと、きれいに仕上がりませんからねぇ〜

画像


準備出来ました!
ウッドシーラー+染料〜サンディングシーラーまで完了です!

画像

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


ケイくんテレキャス完成〜!

2017/01/07 16:57
2017年、あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新春第一弾は〜!


ケイくんのテレキャス、トップコートを吹きまして〜

画像

画像



乾燥期間中に配線関係を整備しました。3way切り替えスイッチのアースラグはこれでも良いですね〜

画像



密林で面白い物を見つけたので早速ポチってみました

画像


クロスラインレーザーの安物です レーザーといってもLEDを光らせてるだけのような・・・


で、電池ボックスに直結しまして〜

画像


両面テープで張り付けて完成!

画像



センター出しとかで糸を張るよりも簡単かなーと思いまして〜

画像




で、ボディは水研ぎ〜バフ掛けまで完了〜!

画像

画像

画像



で、アースワイヤーをこんな感じで仕込むと、ブリッジのネック側が浮くことなくボディに密着します〜

画像



リアのP-90はやや背が高いので、ネックに仕込み角を設けます。0.2mmメイプル突板4枚で最大0.8mm。

画像


なんとか大丈夫ですね。

ちょっと弦とPUが近すぎのような感じだけど、背の低いカバーがあればそれに交換もありですね〜


で、各部の調整〜!で完了!!

画像

画像



なかなか面白いテレです

ケイくん、今回もいろいろとありがとうございました〜!!!


記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


模様付け

2016/12/18 23:05
ケイくんテレキャスのボディ、ナンチャッテレリック風模様を付けます

基本的に「レリック」はあまり好きじゃないし、その技術も無いので出来ません。なので、レリック風な模様です。
今回はハードなやつじゃなく、比較的ライトな感じの模様で〜

エッジ部分等、塗装を剥がしただけだと真っ白な木地が出てくるだけなので模様にはなりません・・・なので、サンディングシーラーを残して剥がす部分と、木地まで削る部分をランダムに削って、そこにオイルステインを擦り込むと良い感じで黒ずんでくれます〜

画像

画像

画像

画像


この後、トップコートを重ねます!
記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


日焼け

2016/12/18 00:14
ケイくんのテレ、ネックのフレットに乗った塗料を剥がして指板をマスキングしてからバフ掛けしました〜

画像

画像


これでヘッド面以外のネックは完了!


ボディはTIMBER MATEを研磨。サンディングシーラー5発。乾燥後研磨して、まずはベースカラーとなるブロンドを吹きました!

画像


で、ピックガード部分の日焼け跡をナンチャッテで再現する為に、シリコンチューブをビスに挟んでボディからピックガードが少し浮く感じで固定〜

画像


ヤニ、日焼けの色を、クリアラッカー+ビンテージアンバー、ミディアムブラウン、マホガニーレッド、オレンジの染料で調色して吹付〜!!

画像


なかなか良い感じです!
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


P-90

2016/12/10 00:41
ケイくんテレキャス、ボディにアッセンを置いて、各所の穴開けです〜。

画像


コントロールが前後逆というのもヘンテコリンで面白い!

で、P-90が納まるようにノミで加工〜。

画像

画像



最終木地磨きしてからウッドシーラー1発〜!

画像


TIMBER MATEで目止めしました。

画像


ネックはヘッド面以外を艶消しラッカーフラット2発で完了!

画像


艶消し具合がたまりません〜
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


【テレキャスオーダー】ケイくん

2016/12/06 23:49
近所の友達、ケイくんからテレキャスオーダー承りました〜!
以前、メタリックブルーなポルカドットストラト塗装しましたねぇ〜。

で、今回はMusikraftネックとボディ、その他パーツ持ち込みでの組み込みです!

画像


こんな感じ(ドンズバではなく)を目指します!

画像



まずはフレット端を処理、木地磨き、ペグ、ナット取付け(粗整形、溝切り)を終わらせてから、指板の汚れ再現の為、PEラインを弦に見立てて張ってみます。
レリックではなく、模様付けですね

画像

画像


で、アセトンに黒とミディアムブラウン、ビンテージイエローの染料を混ぜて、筆で染色してみます。

画像


で、全てクリーニングも終わらせて定位置に!

画像



ウッドシーラーと黄ばみ染料で全体に吹き付けました!グリップ部も黒ずみをナンチャッテで再現!

画像

画像


ヘッドのプラグと、スカンクラインをTIMBER MATEで埋めてからサンディングシーラーを3発吹付。
研磨後、ロゴを貼りました!

画像


この後、ヘッド面はクリア吹付ます。その他は艶消しラッカーフラット仕上げになります〜!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

H/F STUDIO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる